人と社会に必要とされる企業を目指して

未来への警鐘が、多種多様な難題を私たちに問いかけています。それがどんな問題でもどんな時代においても私たちは、人と社会に必要とされる企業を目指します。
そして、私たちは、サステナブルな組み立てが人と自然を癒し、より良い環境を作っていく世界につながる活動を支持、支援しています。

代表メッセージ

私たちの理想、社会に対する姿勢は、人にやさしく、社会にやさしい、どんな時代になっても、その時代において、どのような問題が起きても、常にソリューションを提案し、サステナブルな組み立てを作り上げて常に人からも社会からも、いい会社ですね、とか人からも社会からも常に必要な会社と思ってもらえるような活動を掲げています。

この事から金子は医療分野や各種のセーフティープロジェクト、そしてサステナブルな技術による環境への取り組み、これは、2013年より始めたチョウザメの養殖事業において、ただ養殖して美味しいキャビアを作る事だけではなく、如何にサステナブルに養殖するかを研究し実行しております。養殖場から出る資源を肥料として使い、農産物を育てる。海にある養殖場の活用をする取り組みを進める。海の資源の枯渇化やマイクロプラスティックによる汚染などに歯止めを掛けることも養殖産業の重要な役割だと考えており、実現したいと考えています。

また養殖だけに限らず各種の他の分野において、サステナブルな技術の開発を目指す方々への支援にも力を入れていきたいと考えています。我々はノーベル財団を設立したアルフレッド・ノーベルの子孫であるマイケル・ノーベル教授(ノーベル平和賞受賞者協会要請会前会長、NST会長、
ノーベル・ファミリー協会理事長)を顧問として迎えて、今後各種の計画を組み立てています。そしてこれらの計画がより良い世界、環境そして未来に繋がっていくように努力をしていく所存であります。

金子コード株式会社は、1932年創業の世界が認めるケーブル・電線メーカーです。新しい時代の主流となった携帯電話等の普及が広がったことで固定電話機の衰退から電話ケーブルなどの売り上げが下がったのですが現在は、電線事業から事業の多角化を図った2本目の事業である高度医療向け製品、医療用のマイクロカテーテルのチューブで10年かけて大きく躍進して黒字化、供給量日本トップを誇っています。また弊社の各種医療品なども将来的にEUや米国にも紹介していく事業にも力を注いでいます。そして、弊社100周年も見据え、3本目の柱となる新規事業開拓としてキャビアの養殖に着手し、安全で質の高いチョウザメの養殖及びキャビアを生み出すことに成功しました。

金子コード株式会社
代表取締役社長
金子 智樹(かねこ ともき)

企業理念

『生き残るのは、最も強い生き物でも最も賢い生き物でもなく、変化に適応できた生き物』
ダーウィンの生物進化論の一節である。

企業にも同じことが言える。時代の変化に対応できなかった企業は生き残れないと。世界情勢、日本企業が置かれている状況は、これまでにない大きな変化点を迎えている。今、時代の変わり目に、大きな『進化』を遂げ、成長する国や地域のマーケットを常に追いかけ、それらの国々において『価値あるブランド』であるために、いつまでも成長を続ける。

金子コードの『価値』は創造力とフロンティア精神。既成概念に囚われず、新しいものを生み出す力。お客様の『こんなこと出来たらいいな』を形にする力。長年に亘り磨き続けてきた技術力が、それらを支えている。そして、もう一つの重要な『価値』は、素晴らしいパートナーとの出逢い。金子コードの歴史は85年。海外進出を遂げて25年。その間、様々な国々で、多くのお客様、サプライヤーのご支援を賜り、今日の金子コードが在る。企業は『人』が創るもの。『人』を磨くことで『製品』『サービス』が磨かれ、最終的には『企業』を磨くと信じている。だから、社員一人ひとりがお客様と向き合って、信頼と『感動』を誠心誠意伝える会社でありたい。この感謝の気持ちを『感動』という形で恩返ししていきたい。